2012年6月の販売本数

 日本たばこ協会が2012年7月13日に発表した、2012年6月における紙巻きたばこの販売実績によると、6月の販売実績は166億本となり、前年同月比で5.7%の減少となっています。販売代金は5.9%減の3435億円でした。2011年3月に発生した東日本大震災によるたばこ農家の被災に伴う生産数減少も同年5月までには回復しており、「震災起因の反動」による前年同月比の大型反発も先回月でほぼ終了。6月分は今年度では初めて、本数・代金共に前年同月比マイナスと言う結果になりました。

 2010年9月に起きた、値上げ前の「駆け込み特需」の後、たばこ価格値上げが施行された同年10月は「値上げの直接影響」と「直前まで買い溜めしたたばこの消費」のため、販売本数・金額共に大きく減少しています。同年11月以降も暫くその影響は継続しており、さらに2011年3月以降は同月発生した震災の影響を受け、販売本数は大きく減少しました(ただし、金額は値上げ分が反映され、大体がプラス)。

 過去の値上げ後のたばこのセールス動向を確認すると、「本数減の影響分以上を価格増分で補い、総売り上げはプラスとなる」動きはありますが、「販売本数のさらなる減少で次第に売上も落ち込みはじめ、じきに前年比マイナスとなる」流れを見せていました。しかし、今回は値上げは幅が極めて大きいため、プラスの状態が長期化しています。