中部電力子会社社員が許可書偽造

中部電力(名古屋市)の23日発表によると、委託を受けた子会社の中電配電サポート(同)松阪営業所の20歳代前半の男性社員が道路占用許可書を偽造するなどして、三重県松阪市、明和町、両市町に45本、支線30本を無断で設置していたそうです。

この男性社員は、以前交付された許可書から市長や町長の公印をカラーコピーするなどして書類を偽造、会社に「許可を得た」などと虚偽の報告をしていたと言う事です。しかも、男性社員が関わった2010~13年度の申請業務を調査したところ、許可書偽造以外に、許可の未申請など23件の不正行為も判明。男性社員は「申請を忘れていた」と話しており、社内での虚偽報告を隠すために許可書を偽造したという。

ミスを隠すために許可証を偽造。似たような事件がありましたね、そう言えば。旅行会社の社員が高校の遠足に使うバスの手配を忘れて、ミスを隠すために、学校へ遠足を中止するよう要求する脅迫状を出したと言う。こう言うミスは絶対に発覚するもので、隠し通すことは無理なんですが・・・。
男性社員は諭旨退職、同営業所長など3人が出勤停止となっており、松阪市も氏名を特定せず有印公文書偽造と同行使の疑いで県警松阪署に告訴状を提出し、受理されていると言う事です。