パンダの赤ちゃん、肺炎で死ぬ

 東京都は11日午後1時過ぎ、上野動物園(東京都台東区)で24年ぶりに誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんが死んだ事を発表しました。同園によると死因は肺炎との事です。

 同園では、10日午後3時30分頃、シンシンと赤ちゃんを産室で一緒にした後、飼育員が観察を続けており、11日午前6時45分頃には赤ちゃんの声が確認されていたということです。
 しかし、午前7時30分頃、赤ちゃんがシンシンのおなかの上であおむけになっていたため、飼育員が取り上げると既に心肺停止状態。保育器に移して飼育員が心臓マッサージなどを施しましたが、午前8時30分頃、死んだことが確認されたそうです。

 死亡した赤ちゃんはメスのシンシン(7歳)とオスのリーリー(6歳)との間に、同園初の自然交配で5日昼に生まれたばかりでしたが、残念なことです。赤ちゃん誕生による経済効果なども期待され、地元ではグッズなども準備されていたようですが、やはり生き物相手では人間の思惑道理には行きません。