MRJ、再び引き返す

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を進める国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の1号機が、28日にアメリカへ向けて県営名古屋空港から離陸しましたが、トラブルのため同空港へ引き返しました。

 MRJは、商業運航に必要な「型式証明」を取得するため、4機体で約2500時間の飛行試験を集中的に実施する目的で、まず1号機が北海道、ロシアのカムチャツカ半島、アメリカのアラスカ州を経由し、飛行試験を行うワシントン州の空港に着陸する予定でした。

 しかし、27日に出発した1号機は、最初の給油地である新千歳空港(北海道千歳市)に向かう途中、機内の空調システムを監視するモニターに異常が表示されたため引き返していました。この日、空調システムでトラブルを起こした部品を交換、再び最初の給油地である新千歳空港に向けて離陸しましたが、またしても空調システムのトラブルのため、2日連続で引き返すことになりました。再出発の日時については未定とこの事です。


有吉、夏目側ともに交際・妊娠報道を否定

 フリーアナウンサーの夏目三久(32)がお笑いタレントの有吉弘行(42)と交際し、妊娠しているとの一部スポーツ紙の報道に対し、夏目と有吉の所属事務所がそれぞれ24日に「事実無根」と、報道された内容を全面否定しました。

 一部スポーツ紙は、夏目と有吉が2011年4月に放送開始したテレビ朝日系バラエティー「マツコ&有吉の怒り新党」で共演したことをきっかけに親密になり、夏目はすでに妊娠、結婚時期は未定と報じていました。夏目は2014年からTBS系帯番組「あさチャン!」の司会を務めていますが、こちらは体調を見ながら続け、最長でも来年3月に降板する予定とのことでした。

 報道は何れもかなり具体的な内容で、噂というレベルでは無く、完全な既定事実として報じていました。これが事実無根とするなら、一体情報源は何だったのか、どう言う取材をしたのか総括しなければいけないでしょう。

 夏目の所属事務所は法的措置も検討していると言う事です。


産業革新機構、東芝の白物家電買収を提案

 政府系ファンドの産業革新機構が経営再建中の総合電機大手・東芝に対し、洗濯機などの白物家電事業の買収を提案しているそうです。

 東芝が白物家電事業をグループから切り離し、産業革新機構が100%出資。将来的に、機構が経営再建を支援する方針のシャープの家電事業と統合する計画のようです。

 シャープに対しても台湾の鴻海精密工業が買収提案をしていますし、東芝の家電部門も中国のスカイワークスやトルコのベステルが興味を示していると言われ、政府が主導して国内の家電業界の再編を促す事で海外勢への売却で日本の技術が流出するのを防ぐ狙いです。

 日本で白物家電を生産しているメーカーは、東芝とシャープの他、パナソニック、日立、三菱電機。これにAV機器メーカーのソニー、パイオニア、ビクター。さらに炊飯器のメーカーや空調機のメーカーと、良く言われる事ですが、日本にはプレーヤーの数が多すぎる。海外勢との競争に打ち勝つためにも、再編は必要でしょう。


意外と多い短期アルバイト

週4日、毎日アルバイトを入れるのはしんどい場合がありますよね。高校生や大学生など部活に勉強がありますので、そちらを優先するとなかなかバイトはできません。しかし、まとまったお金が欲しいときがあります。友達と旅行に行ったり、ブランド物の鞄が欲しかったりと人間の欲は尽きません。そんな人に勧めたいのが短期バイトです。

大阪なら、意外と数があります。1日だけのバイトから、1週間だけ、1か月だけと期間は様々です。また、仕事内容も豊富です。工場での繁忙期のみのバイトや、セール期間中の臨時販売員の募集など多種多少の仕事が募集をしています。

私も大学時代に何度か工場での短期バイトを経験しました。大学は夏休みと冬休みの期間が長いので、その間に集中的にバイトをしていました。2か月も働くとなかなかいい金額がもらえます。そのほかにも正月限定の福袋の販売員もなかなか面白い体験でした。
このように、短期での仕事の場合、いろいろな仕事のことを学ぶことができますので社会勉強としても最適です。外から見ていたのでは知ることができなかったことも知ることができますので、面白いですよ。ですので、もし通年のバイトをするのが大変な場合は短期バイトを検討してみてください。

大阪なら本当にたくさんの仕事が募集しています。新聞の折り込みチラシや無料のフリーペーパー、インターネットサイトでの募集などいろいろなところから情報を手に入れられます。余暇の時間を有意義に使ってみてはいかがですか?。


toto売り上げ、初の1000億円突破

日本スポーツ振興センターの6日発表によると、2013年度のスポーツ振興くじ(toto)の売上額が同日午前9時現在で1001億3775万8400円となり、初めて1000億円を突破したそうです。

昨年11月と今年2月に期間限定販売した最高当せん金10億円のBIG(ビッグ)が好評だったことや、Jリーグ休止期間に海外サッカーを対象としたくじを発売したことで売り上げが増加したようです。やはり10絵億円というのはインパクトがあります。

スポーツ振興くじは2000年11月に試験販売されたのが始まりで、正式名称はスポーツ振興投票。toto(トト)の愛称で知られます。文部科学省の指導監督のもと、独立行政法人日本スポーツ振興センターにより運営・発売が行われています。「スポーツ」とついていますが、実際には男子プロサッカーの試合のみが対象となっており、そのため「サッカーくじ」とも呼ばれます。
2013年まではJ1・J2リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯(Jリーグ加盟チーム同士の対戦に限る)のみが対称でしたが、2013年10月18日に法改正があり、海外サッカーも対象とすることが可能となっています。

当初は青少年の健全な成長やスポーツのあり方をゆがめるものとして、日本共産党や日本PTA全国協議会、プロ野球開発協議会などが反対、国会への法案提出も3回延期されるなどしました。しかし、導入13年目にして1000億円を突破。確実に手スポーツ振興に寄与しています。