北朝鮮、核施設再稼働を宣言

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮の原子力総局報道官が2日、寧辺(ヨンビョン)核施設の黒鉛減速炉(5000キロ・ワット)を「再整備・再稼働」すると表明したそうです。寧辺核施設は黒鉛減速炉のほか、使用済み核燃料棒の再処理施設やウラン濃縮施設などで構成されるますが、対象は「すべての核施設」で、「遅滞なく実行に移される」としています。

 北朝鮮は2005年9月の6か国協議で核放棄を約束。2007年に寧辺核施設の無能力化で合意し、2008年には黒鉛炉の冷却塔を爆破していました。しかし2009年、使用済み核燃料棒8000本から抽出したプルトニウムの再処理開始を宣言。2010年にはウラン濃縮施設をアメリカの科学者に公開し、既に稼働中だと説明。今後、黒鉛減速炉が再稼働すれば、寧辺でのプルトニウム生産サイクルが再び整うことになり、2003年以降、北朝鮮の核放棄を目指した同協議の合意は完全に崩れることとなります。

 やはり、北朝鮮が大人しく核放棄などするはずがないだろうと思ったら、その通りになりました。
 また再稼働宣言を受けて、中国外務省の洪磊(ホンレイ)副報道局長は2日の定例記者会見で、「北朝鮮の態度を遺憾に思う」と不快感を示しています。

 最近の北朝鮮は、唯一の後ろ盾とも言える中国の意向も無視するようになっていますが、中国は自分たちを切り捨てることは出来ないと言う読みがあるのでしょうか?。


アメリカGDP、0.1%減

 アメリカ商務省が30日発表した2012年10~12月期の実質国内総生産(GDP)季節調整済みの速報値によると、年率換算で前期比0.1%減となり、2009年4~6月期に0.3%減となって以来、3年半ぶりのマイナス成長となったそうです。7~9月期の3.1%増から大幅な減速で、市場予想を大幅に下回る結果になりました。

 減税失効や歳出削減が重なる「財政の崖」を巡るアメリカ議会の混乱が企業活動に悪影響を与えた、と見られています。しかし、欧州危機などの影響で世界経済の成長が鈍化する中、輸出が5.7%減と2009年1~3月期以来のマイナスとなったほか、7~9月期に景気を下支えした政府支出が6.6%減と落ち込んだ事が響いたと見られます。このところ失業率の低下、株価の上昇など、回復の兆しが見えていたアメリカ経済でしたが、ここへきてまた足踏みでしょうか?。そして、このまま財政の崖問題を解決できなければ、一気に恐慌ということにも・・・。


ダウ続落、51ドル安

 24日のニューヨーク株式市場のダウ平均株価(30種)は続落し、前週末終値比51.76ドル安の1万3139.08ドルで取引を終えました。また、ナスダック店頭市場の総合指数も8.41ポイント安の3012.60で取引を終えています。

 アメリカで大規模な歳出削減と減税失効が重なる「財政の崖」を巡る協議が難航し、売り注文が優勢となったものです。
 この問題は、ブッシュ政権が2001年と2003年に行った時限的な減税が始まり。これをオバマ大統領が、2008年のリーマンショック後の景気低迷に対応するために延長。結果、アメリカ政府の財政赤字が積み上がり、2011年5月16日にアメリカ連邦債務は法定上限額に到達。議会はデフォルト回避のために債務上限の引き上げ作に合意。これにより、以後、具体的な歳出削減案の合意に至らなかった場合は、ブッシュ減税の延長措置が切れる2013年1月1日から9年間かけて、政府支出を強制的に1.2兆ドル削減することになりました。
 仮にこれが実施されれば、ブッシュ減税の終了と強制的な歳出削減により5000億ドル(約40兆円)分の財政赤字が解消されますが、増税と歳出削減の相乗効果でアメリカの景気が崖から落下するように悪化し、世界経済にも悪影響を与えると予想されました。実際に2011年8月5日にスタンダード&プアーズはアメリカ債の長期発行体格付けを格下げし、8月8日に世界の株式・通貨・債権市場でアメリカ債ショックが起こったほどです。

 このところ日本も円安株高がつづいていますが、もしアメリカが「財政の崖」を回避できなければ一気にひっくり返る恐れがあります。そうなれば日本経済はこれまで以上のダメージを受けかねません。今は只そうならないことを祈るばかりです。


1日5.7皿分の野菜と果物でリスクが21%低下

イギリスのアデンブルック病院のNita G. Forouhi氏らが4月5日付のアメリカの医学誌「Diabetes Care」(電子版)に発表した所によると、果物・野菜を1日平均5.7皿分食べる人は、平均2.1皿分の人に比べて2型糖尿病の発症リスクが21%低下していたそうです(ここで言う一皿とは、野菜80グラムのようです)。

Forouhi氏らは、計117種類(果物58種類、野菜59種類)の7日間の摂取量などを調査し、1日当たりの平均摂取量および品目数からそれぞれについて3つのグループに分類し検討した結果、摂取量では1日平均2.1皿のグループに比べ、3.7皿で27%、5.7皿で21%の糖尿病のリスクが低下した事が示されました。ただし、果物と野菜を個別に検討すると、果物では統計学的に有意なリスク低下が認められませんでしたが、野菜では3.7皿で9%、5.7皿で24%のリスク低下が示されたと言う事です。
その他品目数では、1日平均8.0品目に比べ、12.0品目で12%、16.3品目で39%のリスク低下が示され、品目数が増えると糖尿病のリスクが下がる傾向が確認されました。果物と野菜の個別の検討でも、ともに品目数が増えるとリスクが低下していたそうです。

世界保健機関(WHO)の専門家会議でも、2型糖尿病を含む慢性疾患対策として1日当たり400グラム程度の果物・野菜の摂取を推奨しており、「野菜が健康によい」と言う事が改めて証明された形です。
しかし1日5.7皿で、約450グラム。これだけの野菜を、しかも多くの品目で毎日食べ続けるのは辛そうです。天ぷらや中華料理では油分やカロリーが高くなりそうですし。