受験資格について

 介護福祉の中でケアマネージャーという言葉をよく耳にしますが、この正式名称は介護支援専門員といいます。これは保険、医療、福祉分野で、原則5年以上の実務経験を持つ方を対象として、主な仕事としては、ケアの中核を担うことです。

 ケアプランを作成したり、保険者、医療、サービス提供事業者との連携を取りながら、利用者並びに利用者の家族に対して、質の高い介護支援サービスを提供するアドバイザーでもあるのです。

 先ず、そのケアマネになるためには、先に申したような分野で勤務していることと実務期間が条件です。そして、それが満たしているのが条件です。
 そして、試験に合格し、研修を受けることでこの資格を取ることができるのです。

 さて、この試験の名称を、介護支援専門員実務研修受講試験と言います。この試験に合格した者が、実務研修を受けることができるのです。
 もう少し詳しく受験資格の基準について説明すると、国家資格を持っている方。医師、歯科医師、薬剤師、助産師、看護師など、理学療法師など、社会福祉士、介護福祉士の方。また特別な規定に基づく相談援助業務を行っている方、また、社会福祉主事専任資格、あるいは訪問介護養成研修二級過程に相当する研修をし、相談援助業務に従事する方。そして、それら業務に従事した期間が通算五年以上であり、日数が900日以上であることがケアマネ試験を受ける条件として定められているのです。