電力の周波数変換所、能力増強

東日本と西日本で周波数が「50ヘルツ」と「60ヘルツ」に分かれている電力をやりとりするため、電気事業連合会は7日、周波数変換所の能力を今の約100万キロワットからさらに約90万キロワット上積みする考えを示しました。

東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故で、日本中の原子力発電所が次々と停止しており、特に大都市圏で電力不足が深刻になっています。通常電力が不足した場合、他の電力会社から買うのですが、ここで問題になるのが東日本と西日本の周波数の違い。東日本が50ヘルツで、西日本が60ヘルツであるため、直接電力のやりとりが出来ず、周波数変換所で周波数を変換しなければなりません。昔からこの問題については指摘されていましたが、最悪の形で表面化してしまいました。

建設には10年、そして2000億円の建設費がかかるそうです。理想は周波数の統一、なのですが、経済産業省は周波数統一に約10兆円かかると試算しており、変換所の能力を高める方が現実的との判断のようです。