87歳運転の車が暴走、母子が死亡

 19日の午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋の路上で無職の飯塚幸三(87)が運転する乗用車が信号を無視して交差点に進入。複数の歩行者をはねて2人が死亡しました。

 死亡したのは31歳の主婦と、3歳の娘。ドライブレコーダーには交差点に猛スピードで進入して歩行者をはね、更にその先の交差点で死亡した親子をはねた様子が記録されていました。

 事故を起こした二つの交差点は共に赤信号で、歩行者が横断中。運転していた飯塚幸三は「アクセルが戻らなかった」と話しており、警視庁は自動車運転死傷処罰法違反の疑いがあるとして、似にで捜査を開始しています。

 最終的には交差点を左折してきたゴミ収集車に激突して横転させ、更に対向車線のトラックに衝突して止まりました。

 またしても高齢者の事故です。衝突したゴミ収集車が横転するほどですから、一体何キロ出ていたのか?。しかも、31歳の母親と3歳の娘が犠牲になったのですからやりきれません。

 現場にブレーキ痕は無かったと言う事ですが、普通アクセルが戻らなかったらブレーキ踏みますよね?。それでも止まらなければサイドも引いて、エンジン止める。しかし、87歳の高齢者には、その咄嗟の判断が出来なかった。そもそも、アクセルが戻らなかったと言うのも、足が動かなかっただけじゃないかという話もあります。

 はっきり言って、87歳に運転させるべきではありません。体も衰え、反射神経も動体視力も、判断力も低下している。そんな人間が運転する車など、走る凶器そのものの。国会でも本格的に議論して欲しい問題です。