指名手配中の警部補の氏名と顔写真等を公開

 群馬県警は8日、2日に同県嬬恋村大笹で発生した事後強盗事件で指名手配中の警部補の氏名と顔写真等を公開しました。

 公開されたのは、同県警捜査2課に所属する宮腰大容疑者(37)。これまでは、立ち回り先に現れなくなる可能性を考慮して公開していませんでしたが、事件発生から1週間経過しても足取りをつかめないことから公開に踏み切ったものです。

 宮腰容疑者は2日の午前2時すぎ、商店のガラスを割って侵入、裏口から逃走しようとした際に警察官を押し倒す等した事後強盗の疑いで指名手配されていました。

 宮腰大容疑者は事件のあった2日以降欠勤、6日には捜査2課の警部補を指名手配と報道されています。本人も自分が追われていることは自覚していたでしょうし、もっと早く公開しても良かった気がします。

 捜査2課は知能犯の専門部署で、宮腰容疑者は公務員や政治家の贈収賄を扱う部署に係長として配属されていたと言う事です。そのせいでしょうか?、犯行が稚拙で、あっと言う間に手配されています。どうも本人金融商品への投資で、数百万円の借金があったらしいのですが、警察官の給料なら、数百万円の借金くらい問題なく返済できるはず。余程危ないところから借りていたのでしょうか?。