青酸カリ2500人分致死量紛失

栃木県那須塩原市豊町の「田中鍍金工業」から2日、シアン化カリウム(青酸カリ)のプラスチック容器1本(500グラム入り)が紛失したと那須塩原署に届け出があったそうです。

約2500人分の致死量だそうです。しかも、昨年12月20日に20本が納入されたうち、一本だけが無くなっていたことから、盗難の可能性があるとして、現在同署が捜査中です。

シアン化カリウム(青酸カリ)は工業的に重要な無機化合物で、鉱石などから金属を抽出したり、メッキや、樹脂や医薬品、農薬の合成材料や安定剤などに需要があります。毒物及び劇物指定令で無機シアン化合物として毒物に指定されており、毒物及び劇物取締法に規定された取り扱いが要求されます。

経口致死量は成人の場合150~300ミリグラムで、今回紛失したのは約2500人分致死量に相当すると言うことです。こんなものを飲食物に混入されたら一大事、オウムのサリン事件を上回る地獄絵図になるでしょう。一刻も早く回収を!。