八重樫、ブログで悔しさを綴る

 WBC世界ライトフライ級王座決定戦で、メキシコのペドロ・ゲバラ(25)にKO負けを喫し、3階級制覇を逃した八重樫東(31 大橋)が31日、自身のブログで「とても情けない気持ちでいっぱいです。応援してくださったみなさますいませんでした」と謝罪しました。

 八重樫は、「減量とか試合間隔とか、モチベーションとか言ってくださる方もいらっしゃいましたが、結果が出た以上はただの言い訳なので何やかんやはいいません」「今はただただ自分のふがいなさと向き合い、悔しさを味わってます」と綴りました。

 八重樫東は2006年4月3日にOPBF東洋太平洋ミニマム級、2009年6月21日に日本ミニマム級、そして2011年10月24日にWBA世界ミニマム級タイトルを獲得。井岡一翔とのWBA・WBC世界ミニマム級王座統一戦に敗れて王座を失いましたが、階級を2階級上げて2013年4月8日WBC世界フライ級タイトルを獲得。4回目の防衛に失敗した後、今度は1階級下げてライトフライ級のタイトルを狙いましたが、3階級制覇なりませんでした。