有吉、夏目側ともに交際・妊娠報道を否定

 フリーアナウンサーの夏目三久(32)がお笑いタレントの有吉弘行(42)と交際し、妊娠しているとの一部スポーツ紙の報道に対し、夏目と有吉の所属事務所がそれぞれ24日に「事実無根」と、報道された内容を全面否定しました。

 一部スポーツ紙は、夏目と有吉が2011年4月に放送開始したテレビ朝日系バラエティー「マツコ&有吉の怒り新党」で共演したことをきっかけに親密になり、夏目はすでに妊娠、結婚時期は未定と報じていました。夏目は2014年からTBS系帯番組「あさチャン!」の司会を務めていますが、こちらは体調を見ながら続け、最長でも来年3月に降板する予定とのことでした。

 報道は何れもかなり具体的な内容で、噂というレベルでは無く、完全な既定事実として報じていました。これが事実無根とするなら、一体情報源は何だったのか、どう言う取材をしたのか総括しなければいけないでしょう。

 夏目の所属事務所は法的措置も検討していると言う事です。


吉田沙保里、オリンピック4連覇を逃す

 リオデジャネイロ・オリンピックのレスリング女子53キロ級決勝が18日に行われ、吉田沙保里(33)はアメリカのヘレン・マルーリス(24)に敗れ、オリンピック4連覇を逃しました。

 吉田沙保里は2004年のアテネ・オリンピック、2008年の北京オリンピック、2012年のロンドン・オリンピックと、オリンピック3大会連続で金メダルを獲得。世界選手権を合わせて16大会連続制覇中でした。今大会でも初戦を4-0で勝利すると、その後も9-0、6-0の3連続完封勝利をあげ、1ポイントも失わずに決勝へ進出しました。

 決勝戦も第1ピリオドで1ポイントを先制しましたが、第2ピリオドで4ポイントを失い逆転負け。試合後吉田選手は「たくさんの人に応援してもらったのに、力を出し切れなかった」と号泣。カメラの前で18分も泣き続けました。

 今回吉田は日本選手団の主将を務め、「主将は活躍できないというジンクスを破りたい」と意気込んでいました。周囲の期待も十分すぎるほど理解していただけに、金メダルとオリンピック4連覇を逃したショックは大きかったようです。


谷繁監督、解任

 プロ野球の中日ドランゴンズは9日、谷繁元信監督(45)の休養を発表しました。成績不振が理由で、事実上の解任です。

 本人からの申し出ではなく、球団からの要請によるもので、完全に解任ですね。同時に、谷繁監督が招聘した佐伯貴弘守備コーチ(46)にも休養を要請しており、辻発彦2軍野手総合兼内野守備コーチ(57)と早川和夫2軍守備コーチ(56)が1軍に昇格し、1軍の渡辺博幸内野守備コーチ(46)が2軍に異動すると言う事です。
 監督については、今日から森繁和ヘッドコーチ(61)が代行を務め、後任監督は小笠原道大2軍監督(42)が有力視されています。

 谷繁元信は1988年、横浜大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)にドラフト1位指名を受けて江の川高等学校(現・石見智翠館高等学校)から入団。1年目から80試合に出場しましたが、当初は打撃・守備・リード共に未熟さを指摘され、正捕手としての地位を固めたのは1996年頃からでした。

 1998年はベストナイン、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞を受賞するなど、チーム33年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献。2001年シーズンオフにフリーエージェントで中日ドラゴンズに移籍すると、正捕手として2004年のリーグ優勝に貢献。2006年にはWBC日本代表にも選ばれました。

 2013年10月9日、元監督の落合博満がドラゴンズのGMに就任すると、次期監督として谷繁を推薦。2014年シーズンから選手兼任監督となり、2015年で現役を引退、2016年シーズンからは専任監督となっていました。

 現役27年間で、日本プロ野球歴代1位となる3021試合に出場。捕手として野村克也、古田敦也に続く3人目の2000本安打を達成しましたが、監督しては結果を残せず、今シーズンドラゴンズは44勝58敗で最下位に沈んでいます。

 看護師さん、夜勤なし・日勤のみの求人あります


野球賭博問題で12球団が共同声明

 野球賭博問題やチームの勝敗に絡む現金授受が相次いで判明したことを受け、12球団は23日、「12球団が結束して一層の徹底を図る」との声明を発表しました。

 12球団の代表は都内の日本野球機構(NPB)事務局で代表者会議を開き、4時間に及ぶ会議の後に声明を発表し、明日の開幕を前に、球界全体で再発防止に取り組む姿勢をアピールしました。

 また、熊崎勝彦コミッショナーからNPBを通じて指示があった再調査について、処分を受けた巨人の4選手以外には野球賭博に関わる新たな事案がなかったことを12球団で確認しました。

 公式戦開幕前に一区切りしたかったのでしょうが、野球賭博以外にも賭け麻雀や賭ゴルフ、違法スロット何て言う話も出ています。これで幕切れ、にはなりそうもありません。幕切れを図って、その後にまた何か出てきたら、その時のダメージは計り知れませんし、あまり焦って幕切れを図らない方が良いと思います。この問題結構根が深そうですし。


梅田の暴走事故、運転男性が直前にの大動脈解離

 大阪府警の26日発表によると、梅田(大阪)の繁華街の交差点で25日昼に乗用車が多数の歩行者をはねた事故で、車を運転していた奈良市の大橋篤さん(51 死亡)の死因は急性の大動脈解離による心疾患だったそうです。

 大橋さんは事故直前に発症し、意識をなくしたまま事故を起こしたと見られ、速30~40キロ程度で交差点に侵入して通行人を次々にはねた、ということのようです。

 大動脈と言うのは3層構造になっていますが、そのうち真ん中の層の膜に何らかの理由で血液が入り込み大動脈の構造が剥がれてしまう疾患です。最悪の場合はそのまま大動脈が破裂したり、心筋梗塞を起こしたり、大動脈弁閉鎖不全症を起こすこともあります。いずれも死に至る危険な合併症です。しかも、発症した時には強烈な痛みが伴うため、心臓外科が「最も羅患したくない病気」に挙げるほど。

 大橋さんは心臓から腰付近で大動脈解離を発症したと推定され、外に漏れ出た血液により心臓が圧迫される「心タンポナーデ」で死亡したと見られます。