87歳運転の車が暴走、母子が死亡

 19日の午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋の路上で無職の飯塚幸三(87)が運転する乗用車が信号を無視して交差点に進入。複数の歩行者をはねて2人が死亡しました。

 死亡したのは31歳の主婦と、3歳の娘。ドライブレコーダーには交差点に猛スピードで進入して歩行者をはね、更にその先の交差点で死亡した親子をはねた様子が記録されていました。

 事故を起こした二つの交差点は共に赤信号で、歩行者が横断中。運転していた飯塚幸三は「アクセルが戻らなかった」と話しており、警視庁は自動車運転死傷処罰法違反の疑いがあるとして、似にで捜査を開始しています。

 最終的には交差点を左折してきたゴミ収集車に激突して横転させ、更に対向車線のトラックに衝突して止まりました。

 またしても高齢者の事故です。衝突したゴミ収集車が横転するほどですから、一体何キロ出ていたのか?。しかも、31歳の母親と3歳の娘が犠牲になったのですからやりきれません。

 現場にブレーキ痕は無かったと言う事ですが、普通アクセルが戻らなかったらブレーキ踏みますよね?。それでも止まらなければサイドも引いて、エンジン止める。しかし、87歳の高齢者には、その咄嗟の判断が出来なかった。そもそも、アクセルが戻らなかったと言うのも、足が動かなかっただけじゃないかという話もあります。

 はっきり言って、87歳に運転させるべきではありません。体も衰え、反射神経も動体視力も、判断力も低下している。そんな人間が運転する車など、走る凶器そのものの。国会でも本格的に議論して欲しい問題です。


積水ハウス55億円被害、男女10人を聴取へ

 住宅メーカー大手の積水ハウスが、東京都品川区の土地取引に関して約55億円を騙し取られた事件について、警視庁は偽造有印私文書行使等の疑いで男女約10人に対して事情聴取を行う方針だそうです。

 事件の舞台になったのは、東京都品川区西五反田にある約2000平方メートルの旅館跡地。この土地の所有者を装って、積水ハウスへ売却話を持ちかける「地面師」と呼ばれる古くからある詐欺の手口で、同社は犯行グループに合計63億円を支払ったと言う事です。

 しかし、法務局における手続の課程で印鑑証明などの書類が偽造されていたことが発覚、同社は当然土地の取得が出来ませんでした。

 この土地取引を巡っては、土地の所有者を名乗る人物から「契約はしていない」という内容の電話や内容証明郵便、更に本人が直接同社を訪れるなどしていましたが、取引の妨害が目的と判断。そのまま犯行グループとの取引を続け、代金を支払ってしまいました。

 この事件について、今年1月に社外取締役と社外監査役による報告書が提出されています。それによると、稟議書が提案されてから社長決裁までわずか6日。その間、本来なら行われるはずの取締役4人による確認が行われす、実際の所有者から内容証明郵便が届くと妨害目的の怪文書として処理。逆に妨害行為をやめさせるためとして、残金の支払い予定を2ヶ月も繰り上げていました。

 今都内で、しかも23区内でこれほどまとまった土地が出る事は滅多にありません。取得は完全に早い者勝ちで、積水ハウスは詐欺グループに足下を見られていたわけです。しかも、発覚後は責任の所在を巡って社長と会長が対立する御粗末さです。


日中関係に改善の兆し?

 日中平和友好条約調印40周年となる12日に合わせて、安倍首相と中国共産党政府のナンバー2李克強首相は祝電を交換しました。

 2012年、当時の野田政権(民主党)が尖閣諸島を国有化したことに中国が激しく反発、日中関係はかつて無いほど悪化していました。しかし、安倍首相が昨年6月、中国の一帯一路構想に条件付きながら協力を表明。中国側もアメリカが知的財産権の侵害などを理由に、中国からの輸入品に高額な関税をかける制裁措置を発動して貿易戦争状態となっている事を受けて、日本の協力を得たい思惑があります。

 そのためか、10日に上海師範大学で旧日本軍のいわゆる「従軍慰安婦」問題の国際シンポジウムを開く予定でしたが、中国外務省の指示により中止されています。

 アメリカと貿易戦争している最中に、日本との関係まで悪化させたくない。アメリカによる輸入制限措置は日本も対象になっているので、上手くすれば日米を分断、日本を中国陣営に引き込めるかもしれない。そんな所でしょうか。


指名手配中の警部補の氏名と顔写真等を公開

 群馬県警は8日、2日に同県嬬恋村大笹で発生した事後強盗事件で指名手配中の警部補の氏名と顔写真等を公開しました。

 公開されたのは、同県警捜査2課に所属する宮腰大容疑者(37)。これまでは、立ち回り先に現れなくなる可能性を考慮して公開していませんでしたが、事件発生から1週間経過しても足取りをつかめないことから公開に踏み切ったものです。

 宮腰容疑者は2日の午前2時すぎ、商店のガラスを割って侵入、裏口から逃走しようとした際に警察官を押し倒す等した事後強盗の疑いで指名手配されていました。

 宮腰大容疑者は事件のあった2日以降欠勤、6日には捜査2課の警部補を指名手配と報道されています。本人も自分が追われていることは自覚していたでしょうし、もっと早く公開しても良かった気がします。

 捜査2課は知能犯の専門部署で、宮腰容疑者は公務員や政治家の贈収賄を扱う部署に係長として配属されていたと言う事です。そのせいでしょうか?、犯行が稚拙で、あっと言う間に手配されています。どうも本人金融商品への投資で、数百万円の借金があったらしいのですが、警察官の給料なら、数百万円の借金くらい問題なく返済できるはず。余程危ないところから借りていたのでしょうか?。


育児と仕事の両立

 私は、33歳のパート主婦です。ストレスを感じるようになった時期は、2人目の子供を出産後、パートとして働くようになってからです。

 2人目の子供が1歳になる前に、働きに出ました。最初は、仕事を覚えることが大変で、不安もありました。工場の現場で働いていたので、体力勝負のところがありました。チームで作業をしていましたが、納期もあったので忙しい日々でした。子供の急な発熱で仕事を休むことも多々あり、仲間に迷惑をかけることを申し訳なく思っていました。

 夜は子供が泣いて何度も起きるので、毎日寝不足状態です。休みの日は子供と遊んだり、買い物をしたりして、一人でゆっくり過ごす時間はありませんでした。

 ある日、お風呂場の排水溝の掃除をしていると、抜け毛かたくさんあることに気づきました。最初は、家族の誰かかと思いましたが、洗髪しているときに指に絡む抜け毛の量が増えていたので、自分のものだと分かりました。抜け毛は、健康な髪で根本から抜けている状態でした。髪を乾かした後は、床にたくさんの抜け毛が落ちていてショックを受けました。

 1日5時間週4日のパートですが、育児と仕事の両立がここまで大変なものとは思いませんでした。日々溜まっていく疲れと精神的な負担、寝不足がストレスの原因だと思います。 このままでは駄目だと思い、一度立ち止まって考えることにしました。

 私は、家族や両親が協力してくれることを申し訳なく思っていて、子供の面倒を見てもらっている間も、家事をやらなければと思いつつ動けず、後悔を感じる日々でした。けれど、助けて貰える時は素直に感謝して、休める時は家事をせず休もうと決めてゆっくり休みました。すると、気が楽になり、体調も良くなり抜け毛も減ってきました。

 主人が休み日は、子供を任せてお昼寝をしたり、母親に子供を預けてゆっくり食事に出かけたりしました。仕事は子供の熱等で急に休みになってしまっても自分を責めずに、子供とゆっくり休むことを心がけました。

 ストレスを感じたときは、規則正しい生活と、心の切り替えが大切だと感じました。また、抜け毛対策として、洗髪を丁寧にするようにしました。時間がないからといって簡単に洗髪を済ますのではなく、根元からきちんと洗い、地肌のストレスをなくして、頭皮用の血行促進クリームを塗ってリラックスするようにしました。

 一生懸命になることは良いけれど、焦らずにゆとりを持つように心がけて、健康な状態で日々過ごしていくことが大切だと痛感した出来事でした。

 女 抜け毛