決勝戦視聴率、9年ぶりに20%超え

 ビデをリサーチによると、20日にNHKが放送した全国高校野球選手権大会(甲子園)の決勝戦、仙台育英-東海大相模の関東地区の平均視聴率は20・2%だったそうです。

 甲子園大会決勝戦が20%台を記録したのは、斎藤佑樹と田中将大の対決が注目を集めた2006年8月20日の早稲田実業-駒大苫小牧の29・1%と、翌日21日の再試合で記録した23・8%以来9年ぶりの事です。

 2006年大会では、斎藤佑樹投手がハンカチ王子と呼ばれ、ちょっとした社会現象を巻き起こしていました。今回は大会ナンバーワンと言われる、最速151km/hを誇る東海大相模の左のエース小笠原と、そして史上初の東北勢優勝をかける仙台育英の対決。試合自体も、先制した東海大相模に仙台育英が追いつく白熱の展開で、大いに盛り上がりました。

 仙台地区では34・8%、瞬間最高は40・4%にも達したそうです。やはり、東北勢の初優勝にかかる期待は大きかったのでしょう。


八重樫、ブログで悔しさを綴る

 WBC世界ライトフライ級王座決定戦で、メキシコのペドロ・ゲバラ(25)にKO負けを喫し、3階級制覇を逃した八重樫東(31 大橋)が31日、自身のブログで「とても情けない気持ちでいっぱいです。応援してくださったみなさますいませんでした」と謝罪しました。

 八重樫は、「減量とか試合間隔とか、モチベーションとか言ってくださる方もいらっしゃいましたが、結果が出た以上はただの言い訳なので何やかんやはいいません」「今はただただ自分のふがいなさと向き合い、悔しさを味わってます」と綴りました。

 八重樫東は2006年4月3日にOPBF東洋太平洋ミニマム級、2009年6月21日に日本ミニマム級、そして2011年10月24日にWBA世界ミニマム級タイトルを獲得。井岡一翔とのWBA・WBC世界ミニマム級王座統一戦に敗れて王座を失いましたが、階級を2階級上げて2013年4月8日WBC世界フライ級タイトルを獲得。4回目の防衛に失敗した後、今度は1階級下げてライトフライ級のタイトルを狙いましたが、3階級制覇なりませんでした。


はやぶさ論文の撤回を申し入れ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究者が執筆し、2006年6月2日の科学誌「サイエンス」に掲載された「はやぶさ」関連の論文について、JAXAはこの論文の撤回を同誌に申し入れるそうです。

 小惑星イトカワのデータ解析方法に誤りが見つかったため、と言うのがその理由。JAXAによるとミスがあったのは129件出されたはやぶさ関連の論文の1件で、論文ではこのデータをもとに「地球に多く飛来する隕石と同じ組成であると推定」していたが、観測対象である小惑星イトカワから得られたデータに関する解析ミスがあることが判明、論文の結論を主張できないことからサイエンス誌編集部に対して論文の撤回を申し入れることとしたものです。

 ただし、はやぶさが持ち帰ったイトカワのサンプルを分析したところ、結果的に論文と同じ内容となっており、JAXAは今回の撤回が「それらの事実に影響を及ぼすものではない」としています。またこの件について、「故意ではなかったと認定しており、研究不正にあたらない」とも述べています。

 研究不正とか論文撤回とか、いま大変な話題になってますから、JAXAも神経使うでしょうね。


中部電力子会社社員が許可書偽造

中部電力(名古屋市)の23日発表によると、委託を受けた子会社の中電配電サポート(同)松阪営業所の20歳代前半の男性社員が道路占用許可書を偽造するなどして、三重県松阪市、明和町、両市町に45本、支線30本を無断で設置していたそうです。

この男性社員は、以前交付された許可書から市長や町長の公印をカラーコピーするなどして書類を偽造、会社に「許可を得た」などと虚偽の報告をしていたと言う事です。しかも、男性社員が関わった2010~13年度の申請業務を調査したところ、許可書偽造以外に、許可の未申請など23件の不正行為も判明。男性社員は「申請を忘れていた」と話しており、社内での虚偽報告を隠すために許可書を偽造したという。

ミスを隠すために許可証を偽造。似たような事件がありましたね、そう言えば。旅行会社の社員が高校の遠足に使うバスの手配を忘れて、ミスを隠すために、学校へ遠足を中止するよう要求する脅迫状を出したと言う。こう言うミスは絶対に発覚するもので、隠し通すことは無理なんですが・・・。
男性社員は諭旨退職、同営業所長など3人が出勤停止となっており、松阪市も氏名を特定せず有印公文書偽造と同行使の疑いで県警松阪署に告訴状を提出し、受理されていると言う事です。


意外と多い短期アルバイト

週4日、毎日アルバイトを入れるのはしんどい場合がありますよね。高校生や大学生など部活に勉強がありますので、そちらを優先するとなかなかバイトはできません。しかし、まとまったお金が欲しいときがあります。友達と旅行に行ったり、ブランド物の鞄が欲しかったりと人間の欲は尽きません。そんな人に勧めたいのが短期バイトです。

大阪なら、意外と数があります。1日だけのバイトから、1週間だけ、1か月だけと期間は様々です。また、仕事内容も豊富です。工場での繁忙期のみのバイトや、セール期間中の臨時販売員の募集など多種多少の仕事が募集をしています。

私も大学時代に何度か工場での短期バイトを経験しました。大学は夏休みと冬休みの期間が長いので、その間に集中的にバイトをしていました。2か月も働くとなかなかいい金額がもらえます。そのほかにも正月限定の福袋の販売員もなかなか面白い体験でした。
このように、短期での仕事の場合、いろいろな仕事のことを学ぶことができますので社会勉強としても最適です。外から見ていたのでは知ることができなかったことも知ることができますので、面白いですよ。ですので、もし通年のバイトをするのが大変な場合は短期バイトを検討してみてください。

大阪なら本当にたくさんの仕事が募集しています。新聞の折り込みチラシや無料のフリーペーパー、インターネットサイトでの募集などいろいろなところから情報を手に入れられます。余暇の時間を有意義に使ってみてはいかがですか?。